人生!世界!見方が変わる 本の少しのヒント!

今まで読んできた紹介します!!

「本を読む事!!」
人生観や世界観が変わる!?
効果やメリットが盛りだくさん!
本にはヒントが、たくさん書かれています!!

投稿者:おがわ りきや

開発

スポンサーリンク





   著者 : 堀江 貴文
  出版社 : 講談社
  出版日 : 2011年4月18日
 おすすめ : ★★★★☆(amazon評価 4.3)
 ページ数 : 258ページ


 宇宙の歴史について、アポロ計画やスペースシャトルを伝説のように聞いてきた気がする。
曖昧になっていた宇宙開発の歴史、現状、著者の展望などを改めて知るには面白い。
日本のビジネス界では有名になったホリエモンこと堀江貴文氏の1冊。

 ソ連は宇宙ステーションを71年から計画をし、77年にはすでに運用をしていたこと。
日本人最初の宇宙飛行士は、TBSの記者だったこと。
ソ連とアメリカの宇宙技術は、冷戦があったからこそ技術進歩したこと。
国際情勢などを知っていると、話がつながるので興味深い内容です。

 現在の世界の宇宙開発の多くは、国の公共事業で行われている。
しかし最近は、民間企業の宇宙開発が進められている。
実際、NASAは衛星打ち上げや宇宙への資材運搬を民間企業に委託をしている。
アマゾンのジェフ・ベゾズは「ブルーオリジン」という会社を。
テスラモーターCEOのイーロン・マスクは「スペースX」を経営している。

 著者のホリエモンも北海道でロケット打ち上げ実験を行っている。
しかし、まだまだ日本は国のJAXAの独占状態。
国の規制が宇宙開発の邪魔になっている。
宇宙開発を広く民間で取り組めるようになってほしいと思う。



購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク






   著者 : 遠山 柾雄(とおやま まさお)
  出版社 : 岩波書店
  出版日 : 1993年6月21日
 おすすめ : ★☆☆☆☆
 ページ数 : 196ページ


 著者が今まで世界各地で取り組んできた砂漠の緑化プロジェクト。
気候や地層など、場所にそって取り組み方は異なる。
場所は、エジプト、ペルー、中国、イランなど世界各地でのストーリー。
伝統の技術や近代的な大開発、少量の水で栽培する技術。

 砂漠といっても、必ずしも砂地ではないし、砂漠の下には膨大な水資源があったりもする。

本のタイトル『沙漠を緑に』の「砂漠」が「沙漠」と表記してあるのは、砂の砂漠が20%以下であるのと、水が少ないということから。

 所々に、モノクロ写真や、図が掲載されている。
ただし、ちょっと専門的な事が書かれているのと、淡々と書かれているので、正直飽きてしまった。



 
購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします


[オススメ記事] → 【ビジネス】アイドル社長 「AKB48」卒業翌日に40万円で起業しました。

 
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

「アクセスお願いします!」
 おがわ りきやは、ブログ村に参加しています。

 アクセスしていただくと、にほんブログ村でアクセス数がカウントされます。

 その回数が増えれば、ブログの順位が上がり、他の人に見てもらいやすくなるんです。

 決して、1クリック詐欺とかではないので、協力お願いしまーす☆



スポンサーリンク

↑このページのトップヘ