人生!世界!見方が変わる 本の少しのヒント!

今まで読んできた紹介します!!

「本を読む事!!」
人生観や世界観が変わる!?
効果やメリットが盛りだくさん!
本にはヒントが、たくさん書かれています!!

投稿者:おがわ りきや

対談

スポンサーリンク








   著者 : 沢木 耕太郎(さわき こうたろう)
  出版社 : 新潮文庫
  出版日 : 1994年3月25日
 おすすめ : ★☆☆☆☆(amazon評価 4.6)
 ページ数 : 238ページ


 旅人の中では、旅のバイブル本として代表的な『深夜特急』
今回は、香港・マカオ編を読んでみた。

 後半の30ページほどには、1993年に行われた対談が書かれている。
対談相手は、ノンフィクション作家の
山口 文憲氏。

 メインの内容についてですが、香港のストーリーは現地での交流などが面白く感じました。
しかし、144ページから199ページまでは、ギャンブルの話でつまらなかったです。
ギャンブルやる方には良いでしょうが、やらない人にとってはギャンブルネタが多すぎます。
 
残念な作品でした。 




 購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします



[オススメ記事] → 【旅】「世界イケメンハンター」窪咲子の GIRL'S TRAVEL

[オススメ記事] → 【旅】5万4千円でアジア大横断

 
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

「アクセスお願いします!」
 おがわ りきやは、ブログ村に参加しています。

 アクセスしていただくと、にほんブログ村でアクセス数がカウントされます。

 その回数が増えれば、ブログの順位が上がり、他の人に見てもらいやすくなるんです。

 決して、1クリック詐欺とかではないので、協力お願いしまーす☆



スポンサーリンク

スポンサーリンク






サブタイトル: そしたら意外に役立った
   著者 : 堀江 貴文(ほりえ たかふみ)
  出版社 : 角川書店
  出版日 : 2013年8月30日
 おすすめ : ★★★★☆(amazon評価 3.8)
 ページ数 : 221ページ


 元ライブドア社長のホリエモンこと、堀江貴文氏の書評。
拘置所では、インターネットはなく、ラジオはあるが、テレビはない。
長野刑務所でテレビが見れるようになっても、ローカル番組。
日経新聞も見ることができない生活が2年半も続いた。

 刑務所の中で、とにかく本をたくさん読み、おすすめの本やそのコメントがまとめられている。
全42の本を紹介している。
活字の本だけではなく、漫画もこの中に含まれている。
本を1冊ずつ紹介していき、その要約や感想などが書かれている。

 後半には、書評サイト「HONZ」を運営する成毛眞氏との対談内容。
本の読み方、本の探し方、電子書籍の未来など。

 本の終わりには、12ページに渡って紹介した本のリストアップがされている。
本は読書時間に対して入手できる有効な情報量が少ない。
できれば、ハズレを引かないようにしたい。

 この本は、理系の人、ビジネスや科学技術などに興味がある人におすすめです。
もちろん、ホリエモンの思想に興味がある人も読んでみてください。




 購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします



[オススメ記事] → 【ビジネス】徹底抗戦

[オススメ記事] → 【思考】嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え

 
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

「アクセスお願いします!」
 おがわ りきやは、ブログ村に参加しています。

 アクセスしていただくと、にほんブログ村でアクセス数がカウントされます。

 その回数が増えれば、ブログの順位が上がり、他の人に見てもらいやすくなるんです。

 決して、1クリック詐欺とかではないので、協力お願いしまーす☆



スポンサーリンク

↑このページのトップヘ