人生!世界!見方が変わる 本の少しのヒント!

今まで読んできた紹介します!!

「本を読む事!!」
人生観や世界観が変わる!?
効果やメリットが盛りだくさん!
本にはヒントが、たくさん書かれています!!

投稿者:おがわ りきや

価格

スポンサーリンク




   著者 : オックスファム・インターナショナル(Oxfam International)
   翻訳 : 日本フェアトレード委員会
  出版社 : 筑波書房
  出版日 : 2003年10月30日
 おすすめ : ★★★★☆(amazon評価 4.8)
 ページ数 : 103ページ


 世界のコーヒー生産者が危機を迎えている。
年々、コーヒーの生豆の価格が下がっているからだ。
そのような問題を取り上げた内容。

 日本でも有名なネスカフェのネスレ社。
ネスレのインスタントコーヒーを全世界では、1秒に3,900杯消費されていて、ネスレは莫大な利益を上げている。
残念ながら、他の事業とまとめた利益しか公開されていないため、コーヒー事業の利益の多さは隠されている。

 コーヒーショップでコーヒー1杯飲むと、たったの1%の価格しか生産者には渡らない。
中間業社や販売店でいかに、価格が吊り上げられているかがわかる。 
スーパーなどで買ったコーヒーは1パックに対して6%。
極端な低価格での取引のため、多くの農家は生活に苦しんでいるのが現状だ。

 世界の貧困や農業、フェアトレードなどに興味がある方にあすすめな1冊だ。
これらの問題に関連する書籍のリンクも是非見ていただきたい。



購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク






サブタイトル: 草の根グローバリズムが世界を変える

   著者 : ニコ・ローツェン(Nico Roozen)、フランツ・ヴァン・デル・ホフ(Frans van der Hoff)
   翻訳 : 永田 千奈(China Nagata)
  出版社 : 日経BP
  出版日 : 2007年11月26日
 おすすめ : ★★☆☆☆
 ページ数 : 302ページ


 『寄付はいらない。自分たちは乞食なんかじゃない。本当に助ける気があるなら、適正価格でコーヒー豆を買い取ってほしい』

 まずこの本はフェアトレード全般的な事が書かれていないが、フェアトレードの裏側を知る事ができる。
著者のニコ・ローツェンと、フランツ・ヴァン・デル・ホフが力を合わせて作った"マックスハベラー"の「歩み」についてが書かれている。
消費者側、生産者側それぞれの立場での意見などがあり、学ぶ事は多かった。

 内容は小難しい印象だったが、フェアトレード商品を寄り知れたので、認証マークの入った商品を選んでみようと思った。




購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします



[オススメ記事] → 【ビジネス】裸でも生きる 25歳女性起業家の号泣戦記

[オススメ記事] → 【環境】ハチドリのひとしずく いま、私にできること

 
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

「アクセスお願いします!」
 おがわ りきやは、ブログ村に参加しています。

 アクセスしていただくと、にほんブログ村でアクセス数がカウントされます。

 その回数が増えれば、ブログの順位が上がり、他の人に見てもらいやすくなるんです。

 決して、1クリック詐欺とかではないので、協力お願いしまーす☆



スポンサーリンク

↑このページのトップヘ