人生!世界!見方が変わる 本の少しのヒント!

今まで読んできた紹介します!!

「本を読む事!!」
人生観や世界観が変わる!?
効果やメリットが盛りだくさん!
本にはヒントが、たくさん書かれています!!

投稿者:おがわ りきや

ホリエモン

スポンサーリンク






サブタイトル: ゼロから100億、ボクのやり方
   著者 : 堀江 貴文(ほりえ たかふみ)
  出版社 : 光文社
  出版日 : 2004年8月10日
 おすすめ : ★★★★☆(amazon評価 3.8)
 ページ数 : 211ページ


 ライブドアのことや、会社の作り方・経営の方法が自己啓発本のように書かれています。
基本的なことで、例えば「商売とはものを売って金を儲けることである」とか、
「ものを売るには営業をするべきだ」など、堀江氏の過去の経験談と絡めて、書いてあります。


 後半には、堀江貴文氏が今考えていること、これから目指すことが書かれている。
巻末には、起業をした1996年から2004年までの詳細な動きが時系列になっている。

 文字は大きめですし、難しい漢字は少ないです。
1つのタイトルが3〜6ページで、とても読みやすかったです。
後半にはオススメする書籍が少し紹介してあります。



 
購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします


[オススメ記事] → 【ビジネス】徹底抗戦

 
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

「アクセスお願いします!」
 おがわ りきやは、ブログ村に参加しています。

 アクセスしていただくと、にほんブログ村でアクセス数がカウントされます。

 その回数が増えれば、ブログの順位が上がり、他の人に見てもらいやすくなるんです。

 決して、1クリック詐欺とかではないので、協力お願いしまーす☆



スポンサーリンク

スポンサーリンク






サブタイトル: そしたら意外に役立った
   著者 : 堀江 貴文(ほりえ たかふみ)
  出版社 : 角川書店
  出版日 : 2013年8月30日
 おすすめ : ★★★★☆(amazon評価 3.8)
 ページ数 : 221ページ


 元ライブドア社長のホリエモンこと、堀江貴文氏の書評。
拘置所では、インターネットはなく、ラジオはあるが、テレビはない。
長野刑務所でテレビが見れるようになっても、ローカル番組。
日経新聞も見ることができない生活が2年半も続いた。

 刑務所の中で、とにかく本をたくさん読み、おすすめの本やそのコメントがまとめられている。
全42の本を紹介している。
活字の本だけではなく、漫画もこの中に含まれている。
本を1冊ずつ紹介していき、その要約や感想などが書かれている。

 後半には、書評サイト「HONZ」を運営する成毛眞氏との対談内容。
本の読み方、本の探し方、電子書籍の未来など。

 本の終わりには、12ページに渡って紹介した本のリストアップがされている。
本は読書時間に対して入手できる有効な情報量が少ない。
できれば、ハズレを引かないようにしたい。

 この本は、理系の人、ビジネスや科学技術などに興味がある人におすすめです。
もちろん、ホリエモンの思想に興味がある人も読んでみてください。




 購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします



[オススメ記事] → 【ビジネス】徹底抗戦

[オススメ記事] → 【思考】嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え

 
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

「アクセスお願いします!」
 おがわ りきやは、ブログ村に参加しています。

 アクセスしていただくと、にほんブログ村でアクセス数がカウントされます。

 その回数が増えれば、ブログの順位が上がり、他の人に見てもらいやすくなるんです。

 決して、1クリック詐欺とかではないので、協力お願いしまーす☆



スポンサーリンク

スポンサーリンク






  著者 : 堀江 貴文(ほりえ たかふみ)
 出版社 : 集英社
 出版日 : 2009年3月10日
おすすめ : ★★★☆☆(amazon評価 平均3.7)
ページ数 : 232ページ


 ライブドアの社長だったことで有名なホリエモンこと堀江貴文氏。
自己株売却をバランスシートでなく損益計算書に載せたこと、一部の取引が架空取引だったこと、買収した会社の評価額を不当に水増ししたことで逮捕された。
堀江氏本人は、強制捜査があり逮捕され、拘置所、刑務所に入ったが、この事に関しての考えが書かれている。

 刑務所での生活、独房、差し入れ、読書、ラジオなどを細かく記録している。
その後の保釈された時のことも書かれている。

 時代は変わっていく。 
そんな時代に対応するには、堀江氏のような意見は無視をせずに聞くことが必要だとも思った。
海外の企業は成長し、日本の企業は維持するか衰退する理由もわかる気がする。




購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします



[オススメ記事] → 【ビジネス】大繁盛の秘密教えます!激セマ立ち飲み焼肉店「六花界」だけに人が集まる理由

[オススメ記事] → 【ビジネス】裸でも生きる 25歳女性起業家の号泣戦記

 
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

「アクセスお願いします!」
 おがわ りきやは、ブログ村に参加しています。

 アクセスしていただくと、にほんブログ村でアクセス数がカウントされます。

 その回数が増えれば、ブログの順位が上がり、他の人に見てもらいやすくなるんです。

 決して、1クリック詐欺とかではないので、協力お願いしまーす☆



スポンサーリンク

↑このページのトップヘ