人生!世界!見方が変わる 本の少しのヒント!

今まで読んできた紹介します!!

「本を読む事!!」
人生観や世界観が変わる!?
効果やメリットが盛りだくさん!
本にはヒントが、たくさん書かれています!!

投稿者:おがわ りきや

フェアトレード

スポンサーリンク




   著者 : オックスファム・インターナショナル(Oxfam International)
   翻訳 : 日本フェアトレード委員会
  出版社 : 筑波書房
  出版日 : 2003年10月30日
 おすすめ : ★★★★☆(amazon評価 4.8)
 ページ数 : 103ページ


 世界のコーヒー生産者が危機を迎えている。
年々、コーヒーの生豆の価格が下がっているからだ。
そのような問題を取り上げた内容。

 日本でも有名なネスカフェのネスレ社。
ネスレのインスタントコーヒーを全世界では、1秒に3,900杯消費されていて、ネスレは莫大な利益を上げている。
残念ながら、他の事業とまとめた利益しか公開されていないため、コーヒー事業の利益の多さは隠されている。

 コーヒーショップでコーヒー1杯飲むと、たったの1%の価格しか生産者には渡らない。
中間業社や販売店でいかに、価格が吊り上げられているかがわかる。 
スーパーなどで買ったコーヒーは1パックに対して6%。
極端な低価格での取引のため、多くの農家は生活に苦しんでいるのが現状だ。

 世界の貧困や農業、フェアトレードなどに興味がある方にあすすめな1冊だ。
これらの問題に関連する書籍のリンクも是非見ていただきたい。



購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク






サブタイトル: 草の根グローバリズムが世界を変える

   著者 : ニコ・ローツェン(Nico Roozen)、フランツ・ヴァン・デル・ホフ(Frans van der Hoff)
   翻訳 : 永田 千奈(China Nagata)
  出版社 : 日経BP
  出版日 : 2007年11月26日
 おすすめ : ★★☆☆☆
 ページ数 : 302ページ


 『寄付はいらない。自分たちは乞食なんかじゃない。本当に助ける気があるなら、適正価格でコーヒー豆を買い取ってほしい』

 まずこの本はフェアトレード全般的な事が書かれていないが、フェアトレードの裏側を知る事ができる。
著者のニコ・ローツェンと、フランツ・ヴァン・デル・ホフが力を合わせて作った"マックスハベラー"の「歩み」についてが書かれている。
消費者側、生産者側それぞれの立場での意見などがあり、学ぶ事は多かった。

 内容は小難しい印象だったが、フェアトレード商品を寄り知れたので、認証マークの入った商品を選んでみようと思った。




購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします



[オススメ記事] → 【ビジネス】裸でも生きる 25歳女性起業家の号泣戦記

[オススメ記事] → 【環境】ハチドリのひとしずく いま、私にできること

 
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

「アクセスお願いします!」
 おがわ りきやは、ブログ村に参加しています。

 アクセスしていただくと、にほんブログ村でアクセス数がカウントされます。

 その回数が増えれば、ブログの順位が上がり、他の人に見てもらいやすくなるんです。

 決して、1クリック詐欺とかではないので、協力お願いしまーす☆



スポンサーリンク

スポンサーリンク






  著者 : 山口 絵理子(やまぐち えりこ)
 出版社 : 講談社
 出版日 : 2007年9月19日
おすすめ : ★★★★☆(amazon評価 平均4.6)
ページ数 : 263ページ


 バングラディッシュでジュートという生地に出会い、それをビジネスにすると誓った。
会社を立ち上げ、販売していくまで、数々の壁にぶつかる姿、しかしそれでも前へ進む姿。
並々ならぬ努力が感じ取れる一冊です。


 小学校でいじめに遭い、中学では非行に走る。
中学から柔道をはじめ、高校では男子柔道部に入部し、日本トップクラスの実力をつける。
工業高校から慶應義塾大学に合格。
大学時代に、米州開発銀行へインターンをする。

 インターン先で任されたのは、銀行内の部署に予算の割り当てをする仕事。
計算をしても、1ドルか2ドル合わないことを上司に伝えたが、大した問題ではない様子だった。
貧しい国に暮らす人にとっては、1日1ドル以下で暮らしている人がいる。
途上国に融資や援助をしている国際機関であるため、途上国がどんな状態なのかをそこで働く人に聞いてみた。
しかし、返ってくる答えは「知らない」とか「国際機関はトップであるべきだから、触れることはない」と言う。
現場の声が反映されていない実情におかしいと感じた。
これをきっかけに、アジアの最貧国であるバングラディッシュに行こうと思ったのだ。


 バングラディッシュへ行き、考えられない現実をみる。
民主主義と言いながら、票をお金で買う選挙。
そして、バングラディッシュは汚職度世界一位。
水道を使わせてもらうために行った水道局では不当な金額を請求される。
日本から送られた物が届かず郵便局に行くと、 賄賂請求される。
目の前で起きた交通事故時、近くの警察に救急車を呼ぶように頼んでも、請求される。

 山口さんは、慶應義塾大学卒業後、バングラディッシュの大学院に進学。
ある物産展でジュートに出会った。
このジュートをビジネスとして展開をして、高品質のブランドを作る決心をしたのだった。


 常に前に進む山口さんの本を読むと、前向きになれる気がする。
バングラディッシュが舞台になっているが、まだ他にもたくさんの途上国の人々がこのようにすんでいるだろうと、教えてくれる。
国際関係、アパレル関係、自己啓発などで、参考になる本です。
ぜひ読んでみてください。 



購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします


 
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

「アクセスお願いします!」
 おがわ りきやは、ブログ村に参加しています。

 アクセスしていただくと、にほんブログ村でアクセス数がカウントされます。

 その回数が増えれば、ブログの順位が上がり、他の人に見てもらいやすくなるんです。

 決して、1クリック詐欺とかではないので、協力お願いしまーす☆



スポンサーリンク

↑このページのトップヘ