人生!世界!見方が変わる 本の少しのヒント!

今まで読んできた紹介します!!

「本を読む事!!」
人生観や世界観が変わる!?
効果やメリットが盛りだくさん!
本にはヒントが、たくさん書かれています!!

投稿者:おがわ りきや

ビジネス

スポンサーリンク





   著者 : 堀江 貴文
  出版社 : 講談社
  出版日 : 2011年4月18日
 おすすめ : ★★★★☆(amazon評価 4.3)
 ページ数 : 258ページ


 宇宙の歴史について、アポロ計画やスペースシャトルを伝説のように聞いてきた気がする。
曖昧になっていた宇宙開発の歴史、現状、著者の展望などを改めて知るには面白い。
日本のビジネス界では有名になったホリエモンこと堀江貴文氏の1冊。

 ソ連は宇宙ステーションを71年から計画をし、77年にはすでに運用をしていたこと。
日本人最初の宇宙飛行士は、TBSの記者だったこと。
ソ連とアメリカの宇宙技術は、冷戦があったからこそ技術進歩したこと。
国際情勢などを知っていると、話がつながるので興味深い内容です。

 現在の世界の宇宙開発の多くは、国の公共事業で行われている。
しかし最近は、民間企業の宇宙開発が進められている。
実際、NASAは衛星打ち上げや宇宙への資材運搬を民間企業に委託をしている。
アマゾンのジェフ・ベゾズは「ブルーオリジン」という会社を。
テスラモーターCEOのイーロン・マスクは「スペースX」を経営している。

 著者のホリエモンも北海道でロケット打ち上げ実験を行っている。
しかし、まだまだ日本は国のJAXAの独占状態。
国の規制が宇宙開発の邪魔になっている。
宇宙開発を広く民間で取り組めるようになってほしいと思う。



購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




   著者 : 竹内 一正(たけうち かずまさ)
  出版社 : 朝日新聞社
  出版日 : 2013年12月30日
 おすすめ : ★★★★★(amazon評価 3.8)
 ページ数 : 240ページ


 最近、日本でも話題になるようになったアメリカの電気自動車メーカー「テスラ・モーター」
民間の宇宙開発を行うメーカー「スペースX」 
これらの会社を経営するのが、イーロン・マスク氏だ。

 アップル・コンピューターで世界を変えたスティーブ・ジョブス氏より天才が現れたと言われるほどのイーロン・マスク氏。
彼の目指す目標は、「人類を火星に移住させること」
非現実的でまるで映画の世界のように思うが、彼を知れば知るほど、そのスケールの大きさに惹かれる。 

 様々な口コミやレビューなどから、初めの1冊としてこの書籍を選んだ。
内容は、彼の生い立ちから始まる。
南アフリカで生まれ、わずか12歳でパソコンのソフトウェアを開発。
17歳でカナダへ、その後アメリカへ渡り、大学院を2日で辞めて会社を立ち上げた。
その後、企業売却や立ち上げを繰り返し、のちにテスラ・モーターやスペースXを経営する。

 宇宙開発のスペースXでのロケットの開発の詳細。
ロケットの仕組みや、アメリカ主導だったNASAの現実、スペースXが受注した契約。
アメリカとソ連の宇宙開発競争や、アメリカ政府の宇宙計画などが書かれている。

 電気自動車をテスラ・モーターでは、自動車の構造や、モデルとなったメーカー。
ガソリンエンジン車と電気自動車など環境に対する比較や、電気の充電や供給に関することが書かれている。
巻末には、イーロン・マスク氏の生い立ちが一覧で記載されている。
 
 最近は、アメリカに時速約1200kmの超高速鉄道「ハイパー・ループ」の計画をしている。
この計画にも注目していきたい。



購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク






サブタイトル: "想い"と"頭脳"で稼ぐ 社会起業・実践ガイド
   著者 : 小暮 真久(こぐれ まさひさ)
  出版社 : 日本能率協会マネジメントセンター
  出版日 : 2009年3月30日
 おすすめ : ★★★★☆(amazon評価 4.4)
 ページ数 : 224ページ


 NPO法人「TAVLE FOR TWO(テーブル・フォー・ツー)」を創設。
開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病の解消に同時に取り組む、日本初の社会貢献運動を行っている。
企業、議員食堂、中央省庁、大学などの食堂で、途上国への20円を価格に加えたヘルシーメニューを提供して、途上国の学校給食支援をしている。

 NPO法人ではあるが、ビジネスとしてのビジョンや想い、著者の経歴・歩んだ人生。
食糧が足りない問題と、日本の飽食による肥満や生活習慣病の予防のプランなどが書かれている。
マッキンゼーや松竹での勤務で得たもの、気付かされたことなども書かれている。

 テーブル・フォー・ツーは、NPO法人であり、一般的な企業と違うのは、利益の使い方。
株主に還元したり、税金を通じて社会に還元したりするところを、NPO自身の事業に還元すること。

 国際協力、世界の食糧に関心のある方に読んでいただきたい。
飢餓と肥満がなくなり、少しでも世界の食糧が均等になりますように。



 
購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします


[オススメ記事] → 【国際問題】わたし8歳、カカオ畑で働きつづけて。

 
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

「アクセスお願いします!」
 おがわ りきやは、ブログ村に参加しています。

 アクセスしていただくと、にほんブログ村でアクセス数がカウントされます。

 その回数が増えれば、ブログの順位が上がり、他の人に見てもらいやすくなるんです。

 決して、1クリック詐欺とかではないので、協力お願いしまーす☆



スポンサーリンク

スポンサーリンク






   著者 : ロバート・キヨサキ、ジョン・フレミング、キム・キヨサキ
   翻訳 : 白根 美保子
  出版社 : 筑摩書房
  出版日 : 2011年7月20日
 おすすめ : ★★☆☆☆(amazon評価 3.5)
 ページ数 : 213ページ


 結論から言って、ネットワークビジネスが書かれた本だ。
全3部構成の内容になっていて、2・3部はネットワークビジネスについての事が書かれている。
ネットワークビジネスをやる人にとっては、衝撃を受けるかもしれない。

 2・3部はひたすらネットワークビジネスなので、興味がない人はこの本はおすすめしません。 
ロバート・キヨサキ氏の著書「金持ち父さん 貧乏父さん」と「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」を以前読みましたが、そちらの方がおすすめしたい本です。



 
購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします


[オススメ記事] → 【お金】金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

 
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

「アクセスお願いします!」
 おがわ りきやは、ブログ村に参加しています。

 アクセスしていただくと、にほんブログ村でアクセス数がカウントされます。

 その回数が増えれば、ブログの順位が上がり、他の人に見てもらいやすくなるんです。

 決して、1クリック詐欺とかではないので、協力お願いしまーす☆



スポンサーリンク

スポンサーリンク






   著者 : 日野 佳恵子(ひの かえこ)
  出版社 : 朝日新聞社
  出版日 : 2002年9月1日
 おすすめ : ★★★☆☆(amazon評価 4.4)
 ページ数 : 221ページ


 「クチコミュニティ」とは「クチコミ」と「コミュニティ」を合わせた造語。
著者の日野さんは「クチコミュニティ・マーケティング」を提唱している

 このクチコミュニティ・マーケティングは、女性がキーポイントとなっている。
宣伝広告にはない、メリットがある。
女性が集まるキーワードや、会社を魅力的に見せる方法などが書かれている。
キーパーソンがいて、絶大な効果を発揮する。
女性向けのビジネスにはもってこいのマーケティング方法だと思いました。


 「クチコミュニティ・マーケティングって何?」「論より証拠」「会社を口コミで伸ばす実践法」などが書かれている。
さらに細かいタイトルで分けてまとめてあり、それぞれの終わりに「クチコミュニティ・マーケティングのキーワード」というまとめがされている。

 商売をされている方で、人と人とのつながりを大切にしたいと考えている方はぜひ読んで読んでいただきたい。




購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします


[オススメ記事] → 【ビジネス】アイドル社長 「AKB48」卒業翌日に40万円で起業しました。

 
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

「アクセスお願いします!」
 おがわ りきやは、ブログ村に参加しています。

 アクセスしていただくと、にほんブログ村でアクセス数がカウントされます。

 その回数が増えれば、ブログの順位が上がり、他の人に見てもらいやすくなるんです。

 決して、1クリック詐欺とかではないので、協力お願いしまーす☆



スポンサーリンク

↑このページのトップヘ