人生!世界!見方が変わる 本の少しのヒント!

今まで読んできた紹介します!!

「本を読む事!!」
人生観や世界観が変わる!?
効果やメリットが盛りだくさん!
本にはヒントが、たくさん書かれています!!

投稿者:おがわ りきや

アメリカ

スポンサーリンク





   著者 : 堀江 貴文
  出版社 : 講談社
  出版日 : 2011年4月18日
 おすすめ : ★★★★☆(amazon評価 4.3)
 ページ数 : 258ページ


 宇宙の歴史について、アポロ計画やスペースシャトルを伝説のように聞いてきた気がする。
曖昧になっていた宇宙開発の歴史、現状、著者の展望などを改めて知るには面白い。
日本のビジネス界では有名になったホリエモンこと堀江貴文氏の1冊。

 ソ連は宇宙ステーションを71年から計画をし、77年にはすでに運用をしていたこと。
日本人最初の宇宙飛行士は、TBSの記者だったこと。
ソ連とアメリカの宇宙技術は、冷戦があったからこそ技術進歩したこと。
国際情勢などを知っていると、話がつながるので興味深い内容です。

 現在の世界の宇宙開発の多くは、国の公共事業で行われている。
しかし最近は、民間企業の宇宙開発が進められている。
実際、NASAは衛星打ち上げや宇宙への資材運搬を民間企業に委託をしている。
アマゾンのジェフ・ベゾズは「ブルーオリジン」という会社を。
テスラモーターCEOのイーロン・マスクは「スペースX」を経営している。

 著者のホリエモンも北海道でロケット打ち上げ実験を行っている。
しかし、まだまだ日本は国のJAXAの独占状態。
国の規制が宇宙開発の邪魔になっている。
宇宙開発を広く民間で取り組めるようになってほしいと思う。



購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




   著者 : トーマス・フリードマン(Thomas L. Friedman)
  出版社 : 日本経済新聞
  出版日 : 2008年1月18日
 おすすめ : ★★★☆☆(amazon評価 4.5)
 ページ数 : 424ページ


 『フラット化する世界』という著書は、2006年に出版されたようです。
2008年には増補改訂版(上・下)、2010年には普及版(上・中・下)が出版されました。
今回読んだのは、増補改訂版です。

 その内容は、インドから始まります。
インドのバンガロールという都市のIT化・グローバル化。
続いて、3分の1の住民が高校で日本語を学ぶ中国の大連。
ラスベガスから遠隔操作するイラクの危険地域上空を飛ぶ無人機。
ミズーリ州のマクドナルドのドライブスルーで注文を受ける人は、1500km離れたコールセンターにいる。

 後半になると、社会学のような難しい記述になってくる。
パソコンの歴史や、インターネットの出現など。
旅客機を製造するボーイングのアウトソーシング。 
グローバル化する世界でどのように生きていくべきか、など。 
全6章のうち、個人的には1章と2章は興味を引く内容で参考になった。 



購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




   著者 : ヴィクター・ソーン(Victor Thone)
  原著名 : The New World Order Exposed
   翻訳 : 副島 隆彦(そえじま たかひこ)
  出版社 : 徳間書店
  出版日 : 2006年3月31日
 おすすめ : ★★★★☆(amazon評価 4.0)
 ページ数 : 335ページ


 1ページめ(本書12ページ)にはこう書かれている。
「この本は危険だ。なぜなら昨年アメリカで出版されたほかのどんな本よりも、アメリカの権力者たちが進めている密かな謀略を暴いているからだ。その謀略とは『アメリカを意図的に衰退させ、中国を次の超大国にする』というものである。」

 億万長者の一族・ロックフェラーがアメリカの政治にどのように関わっているのか。
今までは、経済界の人だと思っていたが、政治にも大きな影響を与えている。
大統領にだって、ロックフェラーの影響がある。

 アメリカを動かしているのは、アメリカ大統領ではなかった!
本書を読んで、今まで知らなかったアメリカの政治や経済の裏世界を知った。
予想をはるかに超えるほど、汚く腹黒い現実。
度を超えすぎていて、信じられないような話がたくさん書かれている。

 この本を読んでアメリカのイメージは大きく変わった。
日本にも、これほどの裏世界があったらと思うと、ぞっとしてしまう。
この本は覚悟をして読むべきです。



購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします


[オススメ記事] → 【格言】革命家100の言葉

 
 
スポンサーリンク

スポンサーリンク




   著者 : 辻内 鏡人(つじうち まこと)、中條 献(なかじょう けん)
  出版社 : 岩波書店
  出版日 : 1993年6月21日
 おすすめ : ★★★☆☆(amazon評価 4.0)
 ページ数 : 212ページ



 「私には夢がある」 
キング牧師の有名な演説の1フレーズ。
彼は、アメリカの人種差別に非暴力で訴え続けた指導者の1人だ。
ガンジーの非暴力での抵抗に感銘を受けてる。

 書籍にはキング牧師の生い立ち、各地でのデモが書かれている。
1929年、牧師の子として、マーティン・ルーサー・キング・Jr.が生まれる。
当時、バスやレストランなどの公共の場では白人と黒人の座席がわかれていた。
バスでは黒人は白人に座席を譲らなければならない。
そこは、人種差別がはっきり残るアメリカ南部。

 キングは、ベトナム戦争時には、アメリカの貧困問題を抱えておきながら、多額の費用を軍事に当てる政府に不満を抱いていた。
人種差別の問題と戦争反対を強く訴えた。

 1968年、テネシー州メンフィスにて39歳という若さで凶弾に倒れた。
告別式には、アメリカ各地から10万人に近い人がアトランタに集まったとのこと。



購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします



[オススメ記事] → 【格言】革命家100の言葉
 
 
スポンサーリンク

スポンサーリンク






   著者 : 池上 彰(いけがみ あきら)
  出版社 : 青春出版社
  出版日 : 2007年3月20日
 おすすめ : ★★★☆☆
 ページ数 : 301ページ


 本には、家族の会話という設定がされている。
お父さん、お母さん、長女(16歳)、長男(12歳)という家族構成がされている。
お母さん、長女、長男が、わからない事をお父さんに聞き、お父さんはそれに対する回答をする形式。
顔のイラストも入っているが、お父さんが池上彰とイメージができる。

 内容は、北朝鮮の核開発、中国の政治、アメリカの理論・産業、中東問題など、広い範囲で書かれています。
細かい見出しとしては62の質問あげられている。
例えば、「北朝鮮にも選挙はあるのか?」
「中国と台湾が戦ったら?」
「アメリカが大国になったのは戦争のおかげ?」
「イスラエルとパレスチナはなぜもめる?」など。

 世界各地の歴史や情勢を知ることができます。
池上彰はあとがきにこのようなことを書いてあった!
『大人にも子どもにもわかりやすく』



 
購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします


[オススメ記事] → 【国際情勢】世界は危険で面白い

 
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

「アクセスお願いします!」
 おがわ りきやは、ブログ村に参加しています。

 アクセスしていただくと、にほんブログ村でアクセス数がカウントされます。

 その回数が増えれば、ブログの順位が上がり、他の人に見てもらいやすくなるんです。

 決して、1クリック詐欺とかではないので、協力お願いしまーす☆



スポンサーリンク

↑このページのトップヘ