人生!世界!見方が変わる 本の少しのヒント!

今まで読んできた紹介します!!

「本を読む事!!」
人生観や世界観が変わる!?
効果やメリットが盛りだくさん!
本にはヒントが、たくさん書かれています!!

投稿者:おがわ りきや

格言

スポンサーリンク






   著者 : 山口 智司(やまぐち さとし)
  出版社 : 彩図社
  出版日 : 2009年12月18日
 おすすめ : ★★★☆☆(amazon評価 3.3)
 ページ数 : 224ページ


 本の表紙には、アルゼンチン生まれでキューバ革命の指導者の1人、チェ・ゲバラの肖像。
あまりにも強いインパクトのだったので、読んでみることにしました。
本の下部には、帯のほうに見えるデザインで「明日の自分を革命せよ」と記載されている。

 内容は、革命家や歴史上人物の100の言葉が収録されている。
ゲバラ、カストロ、板垣退助、坂本龍馬、天草四郎、マンデラ、ガンジー、キング牧師、グルバチョフなど。
すべて見開いた状態で、右ページに格言が書かれて、左のページに解説がされている。

 個人的に歴史は詳しくないため、知らない人の言葉も多く、すべてが参考になるわけでもなかった。
革命家の思考は難しく、理解できない格言もあった。
パラパラと読むにはいいと思う。

 最後に、1つだけ格言を紹介します。
「世界は、大きな車輪のようなものですからね。対立したり、あらそったりせずに、みんなで手をつなぎあって、まわっていかなければなりません」
 ー杉原千畝(官僚、外交官)




購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします


[オススメ記事] → 【格言】週末に生まれ変わる50の方法

 
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

「アクセスお願いします!」
 おがわ りきやは、ブログ村に参加しています。

 アクセスしていただくと、にほんブログ村でアクセス数がカウントされます。

 その回数が増えれば、ブログの順位が上がり、他の人に見てもらいやすくなるんです。

 決して、1クリック詐欺とかではないので、協力お願いしまーす☆



スポンサーリンク

スポンサーリンク






  著者 : 中谷 彰宏(なかたに あきひろ)
 出版社 : PHP
 出版日 : 1997年1月23日
おすすめ : ★★★★☆(amazon評価 4.0)
ページ数 : 116ページ


 とてもわかりやすい言葉で書かれている
50のヒントが書かれていて、それぞれ解説付き。
見開いて1つのタイトル。
右側に格言が書かれていて、左側に解説と、一言、実行する方法が書かれている。

 いくつか気に入った内容の格言を紹介します。
格言(右)「一人では できないことがある。一人でしか できないこともある。」
方法(左)「週に一日は、誰とも話さない日を持とう。」

格言(右)「人生の楽しみは、寄り道にある。役に立つことより、バカなことのほうが意義がある。」
解説(左)「いい加減にバカなことをするのではなく、一生懸命バカなことをしましょう。」

格言(右)「今日あなたが見た景色の中で、いちばん遠くの景色は何ですか?」
方法(左)「遠くの景色を見よう。」

最後に書かれている言葉は特に印象的でした。



 
購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします



[オススメ記事] → 【格言】心にズドン!と響く「運命」の言葉

[オススメ記事] → 【自己啓発】20代のうちに知っておきたい お金のルール38

 
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

「アクセスお願いします!」
 おがわ りきやは、ブログ村に参加しています。

 アクセスしていただくと、にほんブログ村でアクセス数がカウントされます。

 その回数が増えれば、ブログの順位が上がり、他の人に見てもらいやすくなるんです。

 決して、1クリック詐欺とかではないので、協力お願いしまーす☆



スポンサーリンク

スポンサーリンク






  編著 : 高橋 歩(たかはし あゆむ)
 出版社 : A-Works
 出版日 : 2003年12月25日
おすすめ : ★★★★☆(amazon評価 3.9)
ページ数 : 248ページ


 自由人 高橋歩さんの 自由な本。
自由な旅行をされている方や、新しいことに挑戦している人に、読んでもらいたい一冊。
写真付きの本人の言葉と、スポーツ選手、音楽家、経営者など有名な著名人や、無名の人の言葉が80も集録されている。
写真は、すべてモノクロで、Steve Gardnerさん(MegaPress Agency)が撮影した作品。 

 大きく分けて次の7つに分けられている。
「欲求」「職」「パートナー」「選択」「行動」「ルール」「物語」

 各テーマごと引用されている著名人を少し紹介します。
「欲求」→ 手塚治虫、Mr.Children、宮沢賢治
「職」→ ウォルト・ディズニー、ジャッキー・チェン、岡本太郎
「パートナー」→ シェークスピア、ムーミンママ、壁に刻まれていた言葉
「選択」→ 布袋寅泰、吉田美和 (DRAMS COME TRUE)、ある女性バーテンダー
「行動」→ アイルトン・セナ、マドンナ、松田優作、エジソン
「ルール」→ 辰吉𠀋一郎、岡本太郎、元ヤンキー青年
「物語」→ 長渕剛、ドラえもん、アンパンマン、ラオウ(北斗の拳)

 きっと、読む人の心に響く言葉がこの本のどこかに詰まっている!




購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします



[オススメ記事] → 【旅・暮らし】新装版 毎日が冒険

[オススメ記事] → 【格言】LOVE&FREE 世界の路上に落ちていた言葉

 
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

「アクセスお願いします!」
 おがわ りきやは、ブログ村に参加しています。

 アクセスしていただくと、にほんブログ村でアクセス数がカウントされます。

 その回数が増えれば、ブログの順位が上がり、他の人に見てもらいやすくなるんです。

 決して、1クリック詐欺とかではないので、協力お願いしまーす☆



スポンサーリンク

スポンサーリンク




著者  : ひすいこたろう
出版社 : 三笠書房
出版日 : 2009年1月28日
おすすめ: ★★★☆☆(amazon評価 平均4.6)
ページ数: 263ページ

 生活が毎日同じ。
何か刺激が欲しい。
電車に揺られて軽く読める本がほしい。
詩が好き。
漢字が好き。
こんな方々におすすめしたい1冊。
 
 目次では54の名言・格言が紹介されている。
実際には、「はじめに」や「あとがきにかえて」の部分にも言葉が掲載されている。
数多くの有名な人の言葉。
例えば、アインシュタイン、相田みつを、木村拓哉、スティーブン・スピルバーグ、萩本 欽一など。

 記載された多くの人の言葉の中から、あなたの心に響いた言葉だけど書き留めておけば良いと思う。
そして、落ち込んだりした時に、それを見返すと効果があるかも。
ただし、著者のひすいこうたろうさんは、漢字の作りなどで話を締めることが多く少しクドく感じた。



購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします 
 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

「アクセスお願いします!」
 おがわ りきやは、ブログ村に参加しています。

 アクセスしていただくと、にほんブログ村でアクセス数がカウントされます。

 その回数が増えれば、ブログの順位が上がり、他の人に見てもらいやすくなるんです。

 決して、1クリック詐欺とかではないので、協力お願いしまーす☆
 


スポンサーリンク

スポンサーリンク




著者  : 高橋 歩
出版社 : サンクチュアリ出版
出版日 : 2001年2月1日
おすすめ: ★★★☆☆(amazon評価 平均3.4)


 以前、このブログにて、『新装版 毎日が冒険』を紹介した。
カーウボーイを捜し求めたり、会社設立などのストーリが書かれていた。
その著者による本を今回は紹介します。 
『LOVE&FREE 世界の路上に落ちていた言葉』という本だ。

 ページ数は、200〜300ページくらいだろう。
曖昧なのにはわけがある。
ページ数が書かれていない。
amazonで調べてみたが、掲載されていなかった。

 世界各地での写真に、短い文章が添えられている。
文章だけでなく、写真も高橋 歩さんが撮った物だ。
写真はほぼ、白黒。
白黒だからなのか、印刷の影響なのか、引き延ばしているからなのか、わからないが、
それらの写真はザラザラした感じの雰囲気だ。


個人的に気に入ったページの紹介。
 「イルカ時間」
 「性格」
 「あるヒッピーの語った『LIFE OF SOME ISLAND〜ある島の一生』」
 「something beautiful 〜なにか美しいもの〜」
 「シベリア鉄道」
 詩「未来のために、今を耐えるのではなく、未来のために、今を楽しく生きるのだ。」
 詩「自由を求めることなく、自由を叫ぶことなく、さりげなく、自由に生きればいい。」



購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします
 


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

「アクセスお願いします!」
 おがわ りきやは、ブログ村に参加しています。

 アクセスしていただくと、にほんブログ村でアクセス数がカウントされます。

 その回数が増えれば、ブログの順位が上がり、他の人に見てもらいやすくなるんです。

 決して、1クリック詐欺とかではないので、協力お願いしまーす☆
 


スポンサーリンク

↑このページのトップヘ