人生!世界!見方が変わる 本の少しのヒント!

今まで読んできた紹介します!!

「本を読む事!!」
人生観や世界観が変わる!?
効果やメリットが盛りだくさん!
本にはヒントが、たくさん書かれています!!

投稿者:おがわ りきや

ビジネス

スポンサーリンク




   著者 : 竹内 一正(たけうち かずまさ)
  出版社 : 朝日新聞社
  出版日 : 2013年12月30日
 おすすめ : ★★★★★(amazon評価 3.8)
 ページ数 : 240ページ


 最近、日本でも話題になるようになったアメリカの電気自動車メーカー「テスラ・モーター」
民間の宇宙開発を行うメーカー「スペースX」 
これらの会社を経営するのが、イーロン・マスク氏だ。

 アップル・コンピューターで世界を変えたスティーブ・ジョブス氏より天才が現れたと言われるほどのイーロン・マスク氏。
彼の目指す目標は、「人類を火星に移住させること」
非現実的でまるで映画の世界のように思うが、彼を知れば知るほど、そのスケールの大きさに惹かれる。 

 様々な口コミやレビューなどから、初めの1冊としてこの書籍を選んだ。
内容は、彼の生い立ちから始まる。
南アフリカで生まれ、わずか12歳でパソコンのソフトウェアを開発。
17歳でカナダへ、その後アメリカへ渡り、大学院を2日で辞めて会社を立ち上げた。
その後、企業売却や立ち上げを繰り返し、のちにテスラ・モーターやスペースXを経営する。

 宇宙開発のスペースXでのロケットの開発の詳細。
ロケットの仕組みや、アメリカ主導だったNASAの現実、スペースXが受注した契約。
アメリカとソ連の宇宙開発競争や、アメリカ政府の宇宙計画などが書かれている。

 電気自動車をテスラ・モーターでは、自動車の構造や、モデルとなったメーカー。
ガソリンエンジン車と電気自動車など環境に対する比較や、電気の充電や供給に関することが書かれている。
巻末には、イーロン・マスク氏の生い立ちが一覧で記載されている。
 
 最近は、アメリカに時速約1200kmの超高速鉄道「ハイパー・ループ」の計画をしている。
この計画にも注目していきたい。



購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




   著者 : 上坂 徹(うえさか とおる)
  出版社 : 日経BP社
  出版日 : 2012年9月3日
 おすすめ : ★★★★☆(amazon評価 4.6)
 ページ数 : 224ページ


 2011年12月、史上最年少の25歳1ヶ月で上場を果たした社長・村上太一(たいち)氏。
リブセンスという、インターネットを使ったアルバイト情報サイトを運営する会社だ。

 村上氏は、とても若々しく笑顔がキラキラと輝く社長だ。
高校の時に、株でうまくやっていったが、誰かにのためになっていると実感しなかった。
それがきっかけになり、世の中のためにと、起業を意識して準備を始めている。
大学では、起業の授業を1年生から受講し、プレゼンテーションで村上氏の企画案が選ばれた。
選ばれた人には、大学から部屋が提供され、そこで起業を果たす。

 リブセンスは、成功報酬型の求人サイトで、アルバイトを採用したい企業や店は「無料」でインネットに募集広告を出すことができる。
その広告をみて応募してきた人が採用された時に、企業はお金を払う。
そして、採用が決まった応募者にリブセンスから「採用祝い金」が支払われる。

 起業してから株式上場するまでの道は険しい道だったようだ。
はじめは給料を支払うこともできず、ゆっくりと家で休養することもできなかったらしい。
努力に努力を重ねた村上氏のリブセンスの歩みを、ぜひこの1冊で知っていただきたいです。



購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします



スポンサーリンク

スポンサーリンク






   著者 : ロバート・キヨサキ、ジョン・フレミング、キム・キヨサキ
   翻訳 : 白根 美保子
  出版社 : 筑摩書房
  出版日 : 2011年7月20日
 おすすめ : ★★☆☆☆(amazon評価 3.5)
 ページ数 : 213ページ


 結論から言って、ネットワークビジネスが書かれた本だ。
全3部構成の内容になっていて、2・3部はネットワークビジネスについての事が書かれている。
ネットワークビジネスをやる人にとっては、衝撃を受けるかもしれない。

 2・3部はひたすらネットワークビジネスなので、興味がない人はこの本はおすすめしません。 
ロバート・キヨサキ氏の著書「金持ち父さん 貧乏父さん」と「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」を以前読みましたが、そちらの方がおすすめしたい本です。



 
購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします


[オススメ記事] → 【お金】金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント

 
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

「アクセスお願いします!」
 おがわ りきやは、ブログ村に参加しています。

 アクセスしていただくと、にほんブログ村でアクセス数がカウントされます。

 その回数が増えれば、ブログの順位が上がり、他の人に見てもらいやすくなるんです。

 決して、1クリック詐欺とかではないので、協力お願いしまーす☆



スポンサーリンク

スポンサーリンク






サブタイトル: 雇用流動化時代の働き方・雇い方革命
   著者 : 比嘉 邦彦(ひが くにひこ)、井川 甲作(いがわ こうさく)
  出版社 : インプレスR&D
  出版日 : 2013年7月12日
 おすすめ : ★★★☆☆(amazon評価 4.6)
 ページ数 : 180ページ


 21世紀になり、IT社会が広まった。
いやパソコンだけでなく、電化製品がWiFi対応だったり、人々はスマホを持ち歩く。
ウェブを活用した働き方が、今現在、拡大しているクラウドソーシング。

 クラウドソーシングの多くは、実働より安い時給に換算される。
日本では、クラウドソーシングのみで生活するのは難しいため、スキルアップや、小遣い稼ぎとしての理由が多い。

しかし、東南アジアなど、物価の低い国や地域では、クラウドソーシング上の収入のみで生活が可能な所もある。

 この本には、クラウドソーシングの現状、働き方、活用法、問題、行方などが書かれていて、単に「クラウドソーシング」を勧めている内容ではない。



 
購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします


[オススメ記事] → 【書評】ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた

 
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

「アクセスお願いします!」
 おがわ りきやは、ブログ村に参加しています。

 アクセスしていただくと、にほんブログ村でアクセス数がカウントされます。

 その回数が増えれば、ブログの順位が上がり、他の人に見てもらいやすくなるんです。

 決して、1クリック詐欺とかではないので、協力お願いしまーす☆



スポンサーリンク

スポンサーリンク






   著者 : 日野 佳恵子(ひの かえこ)
  出版社 : 朝日新聞社
  出版日 : 2002年9月1日
 おすすめ : ★★★☆☆(amazon評価 4.4)
 ページ数 : 221ページ


 「クチコミュニティ」とは「クチコミ」と「コミュニティ」を合わせた造語。
著者の日野さんは「クチコミュニティ・マーケティング」を提唱している

 このクチコミュニティ・マーケティングは、女性がキーポイントとなっている。
宣伝広告にはない、メリットがある。
女性が集まるキーワードや、会社を魅力的に見せる方法などが書かれている。
キーパーソンがいて、絶大な効果を発揮する。
女性向けのビジネスにはもってこいのマーケティング方法だと思いました。


 「クチコミュニティ・マーケティングって何?」「論より証拠」「会社を口コミで伸ばす実践法」などが書かれている。
さらに細かいタイトルで分けてまとめてあり、それぞれの終わりに「クチコミュニティ・マーケティングのキーワード」というまとめがされている。

 商売をされている方で、人と人とのつながりを大切にしたいと考えている方はぜひ読んで読んでいただきたい。




購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします


[オススメ記事] → 【ビジネス】アイドル社長 「AKB48」卒業翌日に40万円で起業しました。

 
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

「アクセスお願いします!」
 おがわ りきやは、ブログ村に参加しています。

 アクセスしていただくと、にほんブログ村でアクセス数がカウントされます。

 その回数が増えれば、ブログの順位が上がり、他の人に見てもらいやすくなるんです。

 決して、1クリック詐欺とかではないので、協力お願いしまーす☆



スポンサーリンク

↑このページのトップヘ