人生!世界!見方が変わる 本の少しのヒント!

今まで読んできた紹介します!!

「本を読む事!!」
人生観や世界観が変わる!?
効果やメリットが盛りだくさん!
本にはヒントが、たくさん書かれています!!

投稿者:おがわ りきや

写真

スポンサーリンク




   著者 : 山岡 麻子(やまおか あさこ)
  出版社 : 日本実業出版社
  出版日 : 2006年10月1日
 おすすめ : ★★★★☆(amazon評価 5.0)
 ページ数 : 158ページ


 近年、一眼レフを所有しているヒトが多いような気がする。
特にミラーレス一眼が広まり、女性が急に増えた。
カメラの機能を知るために、今回この本を読んだ。

 36タイプの撮影シーンを例にあげて、設定値や撮影におけるポイント、注意点がわかりやすく書かれいている。
写真にて、設定値の違いや、撮影の仕方での違いが確認できる。
カメラの仕組み、各機能の説明、写真のプリントまでにおける事が書かれている。

 すくすくと成長する子供、かわいいペット、ポートレート、四季によって移り変わる景色や花など。
きれいになるためのテクニックがぎゅっと詰まっています! 
一眼レフ初心者には、ぜひおすすめしたい1冊。



購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします



[オススメ記事] → 【写真】世界の島々

[オススメ記事] → 【写真】世界ノ夜景
 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




   編集 : 小澤 研太郎
  出版社 : ピエブックス
  出版日 : 2005年2月13日
 おすすめ : ★★★★☆(amazon評価 5.0)
 ページ数 : 157ページ


 世界中の99の島の写真が収められている。
写真1つ1つに島の名前、国、人口、面積、島の紹介などが紹介されている。
現地へのアクセス方法や地図なども掲載されている。

 ハワイ、モルディブ、モーリシャス、ポリネシア、カリブ海、地中海、タイなどの島々が収められている。
人々が暮らす島もあるし、映画のロケ地のような無人島も。
青い空と海、白い砂浜などの、いわゆる一般的にイメージされる南国風の島。
木々が生えていなくて石ばかりの島、落差の大きな絶壁、そして港街など。

 普段は、なかなか行けない場所の写真を眺めながら、リラックスができる。
写真から、島の風や音などの雰囲気を想像したりして楽しめる1冊でした。



購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします



[オススメ記事] → 【写真】世界ノ夜景


スポンサーリンク

スポンサーリンク




著者・写真 : 鴨志田 穣(かもしだ ゆたか)
  出版社 : 寿郎社
  出版日 : 2010年12月5日
 おすすめ : ★★★☆☆(amazon評価 3.6)
 ページ数 : 232ページ


 戦場カメラマン鴨志田さんが撮った作品集。
カラー写真とモノクロ写真が混ざって掲載されている。
とにかく写真の枚数は多い。

 写真は、主に東南アジアで撮影されている。
タイ、インド、カンボジア、ベトナム、インドネシア、ミャンマー、ネパールなど。
他には、中国、ロシアのサハリンなど。

 所々に、鴨志田さんが残したエッセイが書かれている。
タイトルはラブ&ピースだが、やはり戦場カメラマンなので、兵隊や兵器も写っている。
旅先での写真だと思って、購読したものの、期待と少しずれていた。
しかしながら、各国の写真からは、子供の笑顔の輝きや人々が生きるパワーを感じることができた。



購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします



スポンサーリンク

スポンサーリンク




   著者 : 丸々 もとお
   写真 : 丸田 あつし
  出版社 : ダイヤモンド社
  出版日 : 2007年3月23日
 おすすめ : ★★★★☆(amazon評価 4.6)
 ページ数 : 143ページ


 ガイドブックで有名な「地球の歩き方」が出版した世界の夜景を集めた写真集。
エッフェル塔やルーブル美術館、セーヌ川があるフランス。
イギリスの、観覧車ロンドン・アイ、ビッグ・ベン。
アメリカのラスベガスやニューヨーク。

 他にも、イタリア、モロッコ、南アフリカ、香港、タイなども。
もちろん日本も、東京、横浜、神戸、函館、京都などの夜景も載っています。
写真にはそれぞれ解説があり、世界へ旅に出た気分になります。

 本の終わりには、それぞれの撮影地でのエピソードがまとめられています。
夜景の撮影は難しいようで、たくさんの苦労が書かれています。
夜景目的で、旅行先を決めるのもいいかもしれませんね。




購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします



[オススメ記事] → 【旅】感動が共感に変わる!

[オススメ記事] → 【旅】恋する世界一周


スポンサーリンク

↑このページのトップヘ