人生!世界!見方が変わる 本の少しのヒント!

今まで読んできた紹介します!!

「本を読む事!!」
人生観や世界観が変わる!?
効果やメリットが盛りだくさん!
本にはヒントが、たくさん書かれています!!

投稿者:おがわ りきや

スポンサーリンク




   著者 : 竹内 一正(たけうち かずまさ)
  出版社 : 朝日新聞社
  出版日 : 2013年12月30日
 おすすめ : ★★★★★(amazon評価 3.8)
 ページ数 : 240ページ


 最近、日本でも話題になるようになったアメリカの電気自動車メーカー「テスラ・モーター」
民間の宇宙開発を行うメーカー「スペースX」 
これらの会社を経営するのが、イーロン・マスク氏だ。

 アップル・コンピューターで世界を変えたスティーブ・ジョブス氏より天才が現れたと言われるほどのイーロン・マスク氏。
彼の目指す目標は、「人類を火星に移住させること」
非現実的でまるで映画の世界のように思うが、彼を知れば知るほど、そのスケールの大きさに惹かれる。 

 様々な口コミやレビューなどから、初めの1冊としてこの書籍を選んだ。
内容は、彼の生い立ちから始まる。
南アフリカで生まれ、わずか12歳でパソコンのソフトウェアを開発。
17歳でカナダへ、その後アメリカへ渡り、大学院を2日で辞めて会社を立ち上げた。
その後、企業売却や立ち上げを繰り返し、のちにテスラ・モーターやスペースXを経営する。

 宇宙開発のスペースXでのロケットの開発の詳細。
ロケットの仕組みや、アメリカ主導だったNASAの現実、スペースXが受注した契約。
アメリカとソ連の宇宙開発競争や、アメリカ政府の宇宙計画などが書かれている。

 電気自動車をテスラ・モーターでは、自動車の構造や、モデルとなったメーカー。
ガソリンエンジン車と電気自動車など環境に対する比較や、電気の充電や供給に関することが書かれている。
巻末には、イーロン・マスク氏の生い立ちが一覧で記載されている。
 
 最近は、アメリカに時速約1200kmの超高速鉄道「ハイパー・ループ」の計画をしている。
この計画にも注目していきたい。



購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




   著者 : ポール・ホフマン(Paul Hoffman)
  原著名 : The man who loved only numbers
  出版社 : 草思社
  出版日 : 2000年4月5日
 おすすめ : ★★☆☆☆(amazon評価 4.7)
 ページ数 : 293ページ


 一風変わった天才数学者エルデシュの伝記。
1日19時間は数学の証明のことを考えているエリデシュ。
独自の世界観で生きているようだ。

 内容は、エリデシュの人生の様々なストーリなどが書かれている。
数学の式も所々に書かれている。
しかし、個人的に数学は得意ではないので理解することはほぼできなかった。

 数学や歴史上の人物に興味がある人には、面白い1冊だろう。
特に素数に興味がある人には、発見がたくさんあるかもしれない。



購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします

スポンサーリンク

スポンサーリンク





   著者 : 古市 憲寿(ふるいち のりとし)
  出版社 : 講談社
  出版日 : 2011年9月25日
 おすすめ : ★★★☆☆(amazon評価 3.2)
 ページ数 : 304ページ


 若手社会学者、古市 憲寿氏の著書を読むのは、これで3冊目。
『絶望の国の幸福な若者たち』は古市氏の代表作といわれている。
 
 内容は「若者」の歴史から始まる。
特に戦後から今までの「若者」の意識や変化。
ワールドカップの観戦をしたり、デモストレーションに集まる若者たち。
実際に、取材した若者の意見がうかがえる。


 淡々と若者を社会学的に記述がされている。
「若者」以外にも焦点が当てられていたように感じられるテーマがあった。
それは「ナショナリズム」
日本人が日本というくくりで生きるとは。

 最終章には俳優・佐藤健氏との対談。
「生まれ変わるなら、幕末より今の方がいいと」言う佐藤氏。
対談は生い立ちから始まり、ワールドカップ、戦争の話など。



購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします

 

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ