人生!世界!見方が変わる 本の少しのヒント!

今まで読んできた紹介します!!

「本を読む事!!」
人生観や世界観が変わる!?
効果やメリットが盛りだくさん!
本にはヒントが、たくさん書かれています!!

投稿者:おがわ りきや

スポンサーリンク





   著者 : 堀江 貴文
  出版社 : 講談社
  出版日 : 2011年4月18日
 おすすめ : ★★★★☆(amazon評価 4.3)
 ページ数 : 258ページ


 宇宙の歴史について、アポロ計画やスペースシャトルを伝説のように聞いてきた気がする。
曖昧になっていた宇宙開発の歴史、現状、著者の展望などを改めて知るには面白い。
日本のビジネス界では有名になったホリエモンこと堀江貴文氏の1冊。

 ソ連は宇宙ステーションを71年から計画をし、77年にはすでに運用をしていたこと。
日本人最初の宇宙飛行士は、TBSの記者だったこと。
ソ連とアメリカの宇宙技術は、冷戦があったからこそ技術進歩したこと。
国際情勢などを知っていると、話がつながるので興味深い内容です。

 現在の世界の宇宙開発の多くは、国の公共事業で行われている。
しかし最近は、民間企業の宇宙開発が進められている。
実際、NASAは衛星打ち上げや宇宙への資材運搬を民間企業に委託をしている。
アマゾンのジェフ・ベゾズは「ブルーオリジン」という会社を。
テスラモーターCEOのイーロン・マスクは「スペースX」を経営している。

 著者のホリエモンも北海道でロケット打ち上げ実験を行っている。
しかし、まだまだ日本は国のJAXAの独占状態。
国の規制が宇宙開発の邪魔になっている。
宇宙開発を広く民間で取り組めるようになってほしいと思う。



購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




   著者 : トーマス・フリードマン(Thomas L. Friedman)
  出版社 : 日本経済新聞
  出版日 : 2008年1月18日
 おすすめ : ★★★☆☆(amazon評価 4.5)
 ページ数 : 424ページ


 『フラット化する世界』という著書は、2006年に出版されたようです。
2008年には増補改訂版(上・下)、2010年には普及版(上・中・下)が出版されました。
今回読んだのは、増補改訂版です。

 その内容は、インドから始まります。
インドのバンガロールという都市のIT化・グローバル化。
続いて、3分の1の住民が高校で日本語を学ぶ中国の大連。
ラスベガスから遠隔操作するイラクの危険地域上空を飛ぶ無人機。
ミズーリ州のマクドナルドのドライブスルーで注文を受ける人は、1500km離れたコールセンターにいる。

 後半になると、社会学のような難しい記述になってくる。
パソコンの歴史や、インターネットの出現など。
旅客機を製造するボーイングのアウトソーシング。 
グローバル化する世界でどのように生きていくべきか、など。 
全6章のうち、個人的には1章と2章は興味を引く内容で参考になった。 



購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク




   著者 : ゆうき ゆう
  出版社 : 西東社
  出版日 : 2014年2月3日
 おすすめ : ★★★★☆(amazon評価 4.1)
 ページ数 : 191ページ


 心理学に興味があった時に、ふとこの本に目が止まりました。
タイトルがシンプルで分かりやすそうと思って読んでみました。 
何かを習得したい時は、まず「入門編」や「はじめての〜」のような本を読むといいですね。

 人と接した時、何かの情報から感じる自分の気持ち。
これらを、心理学的に考えるということは、とても興味深いです。
書籍の中でも紹介されている内容で、例えば買い物。
「580円→520円」より「530円→498円」の方がお得に感じますよね?
しかし、前者の方が割引額は大きいんです。

 日常、友達、恋愛、職場、自分のココロ、というジャンルで分かれています。
1つのタイトルが2ページの見開きで、全65のタイトルが書かれています。
右ページ上部にマンガ、左のページ上部に図表、2ページに渡り下部に解説。
用語は下の欄外に、小さな字で書かれています。

 2ページずつで話が完結するので、わずかな時間でこまめに読めるのがいいです。
全体的に、ピンクやオレンジなどの暖色で書かれているので、女性のウケが良さそうです。
恋人にも、職場の上司にも活かせる知識が詰まっているので、ぜひ読んでみてください。 



購読ありがとうございました。

もし良ければ下の「いいね!」や「シェア」「お気に入り登録」をお願いします

 

スポンサーリンク

↑このページのトップヘ